知識とノウハウ

あなたはご自身のキャリアについてどのくらい慎重ですか? ほとんどの人は人生でほんの数回しか転職しません。しかし、当社のコンサルタントは日々転職のお手伝いをしています。そこから培った当社の知識とアドバイスを少しこちらで皆さんと共有させてください。

Slide1

面接準備⑯:質問例11. 5年後のキャリアイメージ

「5年後、どのような自分になっていたいですか?」

5年後のキャリアイメージを、その会社に合わせて答えましょう。

 

  • この質問への回答は、必ずしも事実である必要はありません。例えば、他の会社にいる自分を想像する方もいると思いますが、そのまま言ってしまった場合、このチャンスを失ってしまいます。
  • 今のポジションがどうなっているかに焦点を当てて回答しましょう。Java開発者はこの会社で5年後何をしているだろうか?ということを考えてください。
  • LinkedInはこの質問の回答を見つけるための素晴らしい情報源です。5年前にその企業でその仕事を行っていた人を探し、その人たちが今何をしているか見てみましょう。彼らのキャリアパスをあなたの回答に反映させましょう。

 

LinkedInを活用して、キャリアパスをイメージしてみてください。

次回は、職場における意見の相違について問う質問への回答をご紹介します。

 

2020-06-25 00:37:31

お問い合わせ

人気の求人